今宵、フィッツジェラルド劇場で/A PRAIRIE HOME COMPANION


最後のラジオショウが終わるとき、新しいドアが開く。2006年11月20日、惜しまれつつこの世を去った巨匠ロバート・アルトマン監督の遺作となったシニカルでハートウォーミグな群像ドラマ。アメリカの人気公開ラジオ番組「プレイリー・ホーム・コンパニオン」をモデルに、番組が打ち切られる最後のショーの舞台裏を、アルトマン監督らしいユーモアを織り交ぜながら綴る。ミネソタ州セントポールのフィッツジェラルド劇場。毎週土曜の夜、ここで長年に渡って公開生中継が行われてきた人気ラジオショウ「プレイリー・ホーム・コンパニオン」。この日も収録を前に、出演者たちが次々と楽屋入りする。下ネタいっぱいのカウボーイシンガー、ダスティ&レフティ、ベテランシンガー、チャック、カントリー・デュオのジョンソン姉妹。妹ヨランダは、娘のローラも同伴させていた。一方、番組の保安係ガイは、劇場に現れる謎めいた美女の噂を口にする。そんな中、今宵も司会者ギャリソン・キーラーのいつもと変わらぬ名調子で番組はスタート。実は、テキサスの大企業によってラジオ局が買収されてしまい、これが最後の放送になることが決まっていた。しかし、キーラーはなかなかそのことをリスナーに切り出せないでいた・・・。

(総アクセス 1 回 本日 1 回)
【キャスト】 
メリル・ストリープ、リリー・トムリン、ギャリソン・キーラー、ケヴィン・クライン、リンジー・ローハン、ヴァージニア・マドセン、ジョン・C・ライリー、マーヤ・ルドルフ、、