夏の妹


本土復帰にわきかえる沖縄を舞台に、大島渚監督が1人の少女の恋と青春、さらに彼女の視点を通して、本土と沖縄の関係をも浮彫りにする青春ドラマ。ヒロインを演じる当時14歳の栗田ひろみの愛らしさが評判となった。素直子は、父の婚約者でピアノの家庭教師でもある桃子と本土復帰直前の沖縄にやってきた。数カ月前、素直子は大村鶴男と名乗る沖縄の青年から手紙をもらい、自分たちは兄妹かもしれないというので、鶴男を訪ねて沖縄にやってきたのだった。下船した素直子は、さっそく観光客に沖縄語を教えて金を稼ぐ青年と知り合い親しくなる。実は彼こそが鶴男なのだが、彼は庭先で見かけた桃子を素直子だと勘違いしているので、2人はお互いに気づかないまま、すれ違いを繰り返していった。一方、沖縄人に自分を殺してほしいと、その相手を探す老人がいる反面、本土の人間を殺したいと願い、相手を探す男がいた・・・。

(総アクセス 4 回 本日 1 回)
【キャスト】 
栗田ひろみ、石橋正次、りりィ、小松方正、殿山泰司、戸浦六宏、小山明子、佐藤慶、、