アマデウス/AMADEUS


モーツァルトの死をめぐる絢爛豪華な舞台劇をミロス・フォアマン監督が映画化し、アカデミー8部門を独占した歴史ミステリー。1823年11月、凍てつくウィーンの街で1人の老人が自殺をはかった。「許してくれモーツァルト、おまえを殺したのは私だ」、老人は浮わ言を吐きながら精神病院に運ばれた。数週間後、元気になった老人は、神父フォーグラー(リチャード・フランク)に、意外な告白をはじめた。老人の名は、アントニオ・サリエリ(F・マーリー・エイブラハム)。かつては、オーストリア皇帝ヨゼフ二世(ジェフリー・ジョーンズ)に仕えた作曲家だった。神が与え給うた音楽の才に深く感謝し、音楽を通じて神の下僕を任じていた彼だが、神童としてその名がヨーロッパ中に轟いていたウォルフガング・アマデウス・モーツァルト(トム・ハルス)が彼の前に出現したとき、その運命が狂い出した・・・。

(総アクセス 5 回 本日 1 回)
【キャスト】 
F・マーレイ・エイブラハム、トム・ハルス、エリザベス・ベリッジ、ロイ・ドートリス、サイモン・キャロウ、ジェフリー・ジョーンズ、クリスティーン・エバーソール、リチャード・フランク、、