バラキ/THE VALACHI PAPERS


暗殺、密売、大量虐殺、掟、影の政府といわれた巨大な組織の全貌とは?組織に裏切られたマフィアの幹部バラキがFBIに告白した、コーザ・ノストラの正体を克明に描いたベスト・セラー小説を、『レッド・サン』のテレンス・ヤング監督が映画化したクライム・ドラマ。1962年6月22日、ジョージア州アトランタの連邦刑務所。ジョゼフ・バラキ(チャールズ・ブロンソン)は、同房の囚人を鉄パイプで殴り殺した。バラキの驚ろくべき告白が始まる序章であった。その日以前から、彼は刑務所内で命を狙われていることに気づいており、看守に独房に入れてくれるよう頼んだが無駄だった。同じ刑務所にいるビート・ジェノベーゼ(リノ・ヴァンチュラ)に話せば判ってもらえると考えた彼は、ジェノベーゼに会ったが、その結果、彼はさらに恐怖のどん底につき落された。ジェノベーゼ自身の指令によって、彼は命を狙われていたのだった。しかしその日、バラキが殺した男は誰とも関係ない人間だった・・・。

(総アクセス 3 回 本日 1 回)
【キャスト】 
チャールズ・ブロンソン、リノ・ヴァンチュラ、ジル・アイアランド、アンジェロ・インファンティ、ジョセフ・ワイズマン、ワルテル・キアーリ、アメデオ・ナザーリ、フレッド・ヴァレカ、、