任侠野郎


劇場公開、2016年6月4日。このエビス、凶暴につき。吉本興業と各テレビ局のコラボで映画を製作する沖縄国際映画祭恒例企画「TVDIRECTOR’SMOVIE」の1本として日本テレビとの共同で製作された作品で、福田雄一が脚本を手がけ、テレビタレントとしてお茶の間にもおなじみの漫画家・蛭子能収が映画初主演を務めた任侠ドラマ。監督は、バラエティ番組を中心に活躍する日本テレビのディレクター、徳永清孝。かつて、関東一円にその名を轟かせた元小里組の若頭、柴田源治。親分の仇をとるため、正岡組長を殺害して自らは服役し、組は解散してしまう。やがて、出所した源治は、昔の仲間から、親分を殺害したのは正岡組長ではなく、小里組と正岡組のつぶし合いを狙った榊組の陰謀だったことを知る。そして、一人娘の時子が継いだ正岡組は、その榊組によって、いよいよ窮地に追い込まれていたが・・・。

(総アクセス 5 回 本日 1 回)
【キャスト】 
蛭子能収、柳楽優弥、トリンドル玲奈、安田顕、大谷亮介、中尾明慶、やべきょうすけ、橋本マナミ、北原里英、大悟、橘ケンチ、佐藤二朗、、