赤い天使


有馬頼義の原作を、『ほんだら捕物帖』の笠原良三が脚色し、『陸軍中野学校』の増村保造が監督したもので、戦争を素材とした限界状況ドラマ。ショッキングな内容と映像を通して、激しい愛の形を描いた衝撃作。日中戦争が激しくなる中、西さくらは天津の陸軍病院に従軍看護師として配属される。毎日おびただしい数の兵士が運び込まれ、手術台のそばには、切断された手足があふれていた。軍医の岡部は、そんな状況に神経をすり減らしモルヒネを常用、不能となってしまう。さくらはそんな岡部を治そうと、一緒に寝るのだった。やがて2人は、応急看護班として前線へ行くことになるのだが・・・。

(総アクセス 22 回 本日 1 回)